あしかりクリニックあしかりクリニック

あしかりクリニック 精神・神経科・心療内科

診療診療中野区地域連携型認知症疾患医療センター中野区地域連携型認知症疾患医療センターグループセラピーグループセラピー認知症予防認知症予防脳と心の病気脳と心の病気医師紹介医師紹介地域活動地域活動アクセスアクセス

認知症予防

HOME > 認知症予防

センター長  須貝 佑一

須貝医師edited.jpg

日本老年精神医学会認定医・指導医
精神保健指定医

 著書
  「ぼけの予防」(講談社)
  「死ぬまでボケない頭をつくる」(すばる舎)
  「認知症介護百科」(永井書店)
    他、多数

認知症の予防には、次の3つが重要だと言われています。

有酸素運動
食事
脳トレ

アルツハイマー型認知症は発症までに20年アミロイドベータ蛋白がたまり続け、徐々に進行していくといわれています。
生活習慣病を改善し、前向きな心をもつことが重要です。

食養教室

あしかりクリニックのショートケアの食養教室では、うつの再発や認知症の予防のためのコツを教えます。
毎週火・木・金に初級コース,ステップアップコース(初級参加済みの方対象)を行っています。
詳しくは、下記をご覧ください。
一般の方も関心のある方はお声をかけて下さい。

genmai.jpg
毎回、玄米ごはんと味噌汁などを食べます。
1回約3時間の教室です。


初級コースの内容

第1回    2/20(火)
食養概論
脳と腸はつながっている
第2回    2/27(火)
糖質(美味しい玄米の炊き方)
骨を丈夫にする
有酸素運動と栄養
第3回   3/6(火)
ビタミン・ミネラル・ファイトケミカル・発酵食品
いろいろな体操(西式運動など)
第4回   3/13(火)
脂質
メンタルヘルスや心の養生と栄養
第5回   3/20(火)
たんぱく質

ステップアップ冬(1月~3月)

①1/9(火)
精進料理Ⅰ
②1/12(金)
時短簡単10分レシピⅠ
③1/16(火)
季節講座~味噌作り~
④1/18(木)
元気がでる中国薬膳
⑤1/23(火)
3種の「たれ」で9レシピ
⑥1/26(金)
乳酸白菜漬け作り
⑦1/30(火)
「肝」の働きを助ける春の食養生
⑧2/2(金)
精進料理Ⅱ
⑨2/6(火)
ホルモンを活性化する栄養素たっぷり冬のシチュー
⑩2/9(金)
15分でできるサバの煮付け定食
⑪2/13(火)
毎日続けられるお弁当Ⅰ
⑫2/23(金)
時短簡単10分レシピⅡ
⑬3/1(木)
ひな祭りを楽しむ
⑭3/8(木)
簡単脳トレで若返ろう!
⑮3/9(金)
毎日続けられるお弁当Ⅱ
⑯3/15(木)
世界の長寿レシピ
⑰3/23(金)
シニアの一人分ごはん②
⑱3/27(火)
減塩マイルド塩麹作り

  • 初級コース5回のレッスンを受けた方は修了証があります。
  • 日本綜合医学会認定の食養学院食養指導士の講師とあしかりクリニックの専門スタッフ(カウンセラー、精神保健福祉士)が定員10名までのグループレッスンを行います。
  • メンタル病名によっては、健康医療保険扱いとなります。
  • 初級コースは、保険(3割)の場合、1,050円,自費の場合、3,000円(税抜)となります。
  • ステップアップコースは、保険(3割)の場合、1,050円+材料費300円(税込),自費の場合、3,500円(税込)となります。

食養教室スケジュール

初級
第1回:平成30年2月20日(火)
第2回:平成30年2月27日(火)
第3回:平成30年3月6日(火)
第4回:平成30年3月13日(火)
第5回:平成30年3月20日(火)
ステップアップ秋
第1回:平成30年1月9日(火)
第2回:平成30年1月12日(金)
第3回:平成30年1月16日(火)
第4回:平成30年1月18日(木)
第5回:平成30年1月23日(火)
第6回:平成30年1月26日(金)
第7回:平成30年1月30日(火)
第8回:平成30年2月2日(金)
第9回:平成30年2月6日(火)
第10回:平成30年2月9日(金)
第11回:平成30年2月13日(火)
第12回:平成30年2月23日(金)
第13回:平成30年3月1日(木)
第14回:平成30年3月8日(木)
第15回:平成30年3月9日(金)
第16回:平成30年3月15日(木)
第17回:平成30年3月23日(金)
第18回:平成30年3月27日(火)


運動

40分以上の有酸素運動を週3回以上行うことが予防になるといわれています。
その前に呼吸法や自律神経を整える運動療法をショートケアで学べます。
※健康医療保険扱いとなります。

運動

斎藤委津子さんによる「びわ温圧療法」が2階で始まります。
枇杷温灸は昔から日本古来の自然療法として親しまれており、ビワの葉を使った療法は、今から1500年ほど前に中国の僧医によって日本に伝えられた療法です。
日本びわ温圧療法師会という団体(島田修会長)で資格をとって行うというものです。「身体が硬くなっていたり、痛みがなかなかとれない、運動してもなかなか痛みがよくならない人。ストレスによる痛み」の人には向いていると思います。
※この療法は自費になります。(要予約)

ビワキューとは

ビワの有効成分を温熱によって患部やツボ(経穴)、経絡に浸透させ本来人間の持つ自然治癒力を高める療法です。
ビワキューはビワの葉エキスの作用と、温熱の繰り返しと快癒点を刺激することで気血水の流れを活性化させることができるのです。
ビワキューは、痛みを軽減するだけでなく血液の浄化、自律神経や体内分泌系のバランスを整え、体内のコントロール機構を整備して体質改善をはかり自己治癒力を最大限に発揮することができます。
ビワキュー和は火を使わず電気で高圧縮モグサと同等な熱源を安全に得ることのできるビワキュー器具です。

ビワにはどんな効能があるの?

特に注目すべき成分は「アミグダリン」つまり、ビタミンB17です。
このアミグダリンが含まれるのがビワの葉で、特に種には多量に含まれていて身体を良い状態に整える働きがあります。その他に私たちに必要なビタミンやミネラルも豊富に含まれています。
  ○ 疲労回復DSC02045.JPG
  ○ 血行を良くする
  ○ 神経痛・筋肉痛の痛みの緩解
  ○ 筋肉の疲れを取る
  ○ 胃腸の働きを活発にする

ご予約について

お気軽にクリニックまでお問い合わせください。DSC02043.JPG

あしかりクリニック
 2014年6月より
 東京都中野区中央5-44-9
 JR中野駅南口より徒歩7分
 午前 09:00~12:30
 午後 14:00〜17:00
 土曜日不定期
 休診日:日・祝祭日
 電話:03-3380-3272
 FAX:03-3380-3273
 完全予約制
LinkIconメールはこちらから